Living Web Magazine 暮らしのWebマガジン

マンション購入後の引越し理由

人生の大きな買い物である住宅ですが、購入後に後悔しないよう検討しながらご自分の希望の物件を探すのではないでしょうか。ですが、あれこれ悩んだ末の購入だったはずなのに、購入後こんなはずじゃなかった…と後悔される方は少なくありません。今回は、そんな後悔の中で、マンション購入での失敗談についてご紹介しようと思います。

マンションでの隣人トラブル・防音問題

隣人トラブルや騒音トラブルは、実際には目で見て分かる問題ではないため、「暮らしてから気づく」ことが多いようです。つまり、「防音」問題は実際に住んでから気づき、後悔するケースが非常に多いです。隣人から苦情を言われ、気を使って防音のマットを使うものの、クレームはやまず、出来るだけ物音をたてないように気を張る日々を余儀なくされたという方がいらっしゃいました。管理人の方に相談しても「あの人は神経質だから」と言われてしまい、マイホームでの暮らしが安らげなくなったとのことでした。

周囲からの音での悩み

異常に共有部から音が響き安眠できず参ってしまったという防音に関する問題を抱えた方がいらっしゃいました。この方は、洋室の隣にお隣の家の浴室があり、その入浴に伴う音が異常に響いたり、エントランス、エレベーターの音が異常に響いたりするそうで精神的に参ってしまったようです。管理会社とも相談を重ね、音が実際にどの程度響くのか調べてもらいましたが、「近隣の人に協力してもらってください」と言われ解決されないまま、さすがに我慢できなくなり、マンションの売却を決断されたそうです。

マンション購入後の生活環境の変化

マイホームを購入したことで、今までと違った支払いが発生します。引っ越し代金や固定資産税、修繕積立金など、意外とばかにならない費用です。マンションを購入後、様々な費用で生活が苦しくなり、購入を後悔されてしまわれる方がいらっしゃいます。
例えば、夫婦共働きの間はよかったものの、しばらくして旦那さんの働いている会社が上手く行かなくなり給料が減ってしまい、そこに修繕積立金・管理費の増額、車のローンなどが重なって、生活が厳しくなったなど、ただ計画性がなかったという問題ではなく、実際に生活環境の変化によって返済が苦しくなったということは誰にでも起こりえることかもしれません。

BACK TO INDEX