Living Web Magazine
暮らしのWebマガジン

ホームステージング

  • 住宅を売却したいと考えたときに、アメリカではホームステージングというサービスが利用されています。
    中古住宅を販売するときにアメリカで普及している手法のことで、家具や小物などを含め、物件をトータルルームコーディネートし、自宅の資産価値を高め、少しでも早く、少しでも高く売却することができるように考えられたサービスです。アメリカでは、ホームステージング専門のコーディネーターもおり、アメリカで中古物件を販売する場合には、専門家を雇うのが日常的なことだといわれています。

  • 日本での販売方法について

    日本では新築マンションなどの販売において、インテリアをコーディネートしたモデルルームを展示されているのを見かけるのではないでしょうか。特にマンションでは物件の完成前に販売が始まることも多く、購入する部屋を見る前に契約をすることがあるからです。また、何もない空間の部屋よりも、モデルルームを作ることで、家具や小物を含めて展示することで居住時の状態をイメージしやすくするのが目的です。
    ですが、中古住宅やマンションを販売する場合には、こういった方法が取られるケースは少なく、一般的には部屋を空の状態にするか、もしくは住みながら見に来てもらうケースが多いのではないでしょうか。

  • リフォームとの違いは?

    中古物件の場合、買い手がつきやすくするために、リフォームをした上で市場に出すということはよくある販売方法といえるでしょう。ですが、リフォームには好みもあり、売り主の施したリフォームが必ずしも購入する方の好みや生活スタイルと一致するとはいえません。もちろん古い物件の場合には、特に水回りなどの基本的なリフォームによって購入を検討される方の印象はかなり変わります。もしリフォームをするための予算がない場合には、そのままの状態で販売するよりは、掃除をして、ちょっとしたインテリアの工夫にてコストをかけずに手持ち物件の資産価値を高めることができると考えるのがホームステージングです。部分的に必要箇所をリフォームした上で、日本式ホームステージングを行えば、今まで売れなかった物件が売れるようになったり、中古物件の資産価値を今よりも高められたり、より高値で売却したりすることも可能といえるのではないでしょうか。

  • 日本での住宅購入の市場は、欧米諸国に比べると新築物件を好む傾向にあります。現在、首都圏では特にマンション購入に人気が集中しています。新築マンションに目が行きがちではありますが、首都圏の新築マンションの価格の高さはみなさんのご存知の通りです。価格から首都圏でのマンション購入を検討する方に狙いを定めたときや、中古マンションに目を向けてもらうためにも、ホームステージングを行いながらの販売はぜひ知っておきたい手法と言えるのではないでしょうか。

BACK TO INDEX