Living Web Magazine
暮らしのWebマガジン

これから時代の住宅購入を考える

  • 住宅購入を考えたとき、建物の利便性や安全性など、住みやすさに重点をおいて考えることは当然です。ですがこれからの時代は、それだけでなく別の視点も加えて購入する物件を選んでもいいかも知れません。

    ■人口減から空き住宅が増える時代へ
    日本の人口はすでに減少が始まっており、世帯数が減っていくことはいうまでもありません。これは地方に限った話だけでなく、毎年増え続ける空き家はすでに大きな社会問題となっており、人口減や世帯減が進むことで、今後さらに深刻さを増すといえるでしょう。

  • 将来の中古住宅市場を考えよう!

    今後住宅が余ってくるとなれば、他の物件よりも魅力的なポイントがあるかどうかが将来的に重要になりそうです。例えば、自分たちが一生住む予定で購入しても、将来は誰かに残すことになるでしょう。このとき、売ることも貸すこともできない物件となれば、残された方にとっては問題となる可能性があります。つまり今後、空き家が増えてきていることも視野にいれ、将来的な資産と考えながら物件購入を検討されてもいいのかもしれません。

  • 街選びの重要性について

    実際のところ、全ての都道府県で人口が減少しているわけではありません。人口の減少が予想される地域ほど、駅などの交通アクセスといった利便性の厳しさを感じます。人口の減少により、商店街の衰退なども予想されますので、周辺から人が集まる街なのかなど見極めることも大切になってくるのではないでしょうか。

  • 長く住むことを想定した住宅選び

    購入した物件に長く住むか、それとも数年で売却するかは住む方の事情によって違うでしょう。ですが、数年しか住まないからと物件についてあまり考えずに購入すれば、売却しようとするときに希望通りに売ることが難しくなる可能性もあります。どのような目的で購入する場合でも、自分がずっと長く住もうと思える物件といった視点は欠かさない方がよいでしょう。

  • 高齢になったときの生活を考えておこう!

    高齢になったときだからこそ、交通の利便性や買物などの生活に困らないかが生活するうえでとても大切です。病気になったときを考えれば、近隣に医療施設が揃っていることも考えておきたいポイントの1つといえるでしょう。例えば、マンションを購入する場合にはバリアフリー対策が整っていることなども重要なポイントとなるでしょう。

    いかがでしたか。
    住宅というものは人生において一番大きな買い物とも言われています。長く付き合っていく住まいだからこそ、将来の生活まで考えて購入するべきなのではないでしょうか。

BACK TO INDEX