Living Web Magazine
暮らしのWebマガジン

安心できる住宅ローンの借入額について

  • 住宅を探すにあたってまず考えなければならないこととしては、家計上安全に、そして安心して返済していけるご自分に合った住宅ローンの借入額を知ることです。銀行から最大限借り入れをして希望の住宅を購入したとしても、毎月の返済に無理があり、結局支払いが困難になっては身もふたもありません。では、どんなことに気をつけて住宅ローンの支払い限度額を決めたらいいのかを考えてみましょう。

  • 大切なことは返せる限度額!

    まずは、ご自分にとって適正な借入額の上限値の算出が必要になってくるでしょう。ご本人の収入や年齢、生活環境などによって借入限度額は異なるはずです。一般的に、住宅ローンの借入金額を35年払いで設定した場合、収入の30%以内収めるようにするべきだと言われています。

  • どのぐらいの借入なら安心できる?

    「年収の30%ぐらいなら大丈夫」と、大まかな数値で購入金額を決定することは非常に危険です。なぜなら安心できる借入金額は、購入する時の年齢や年収などを検討して決めるべきだからです。例えば40歳で定年まであと20年という方は、年収が安定してきているでしょう。一方で、新卒入2年目の方は年収がそれほどまだ高くなく、生活環境の変化もまだまだ変わる可能性も出てきそうです。また、購入時に40歳の方は、定年後も同じ収入があるとは限らないので短期間で返済をして定年前には返済を終えたい、と考えるでしょう。このように、購入する時期によって購入後の返済を考えなければならないため、収入だけで借入金額を決定するのは危険な行為といえるのではないでしょうか。

  • 年収に対する居住費の割合の考え方とは?

    お子さんがいる場合には今後かかる教育費などがありますし、ご本人の収入形態によっても収入に対する住居費の割合の金額は異なるかと思います。さらに、購入時の年齢、購入者の家族構成、教育に対する考え方、趣味にかける費用など、ご家庭によって様々な要因があるはずです。また、マンションを購入した場合には、住宅ローンの他に管理費・修繕積立金などがかかるため、返済金額はその分を考慮しての金額を検討しなければなりません。

  • いかがでしたか?
    住宅ローンの返済額を考えるときには、様々なことを考えてから借入額を算出する必要があります。そのため、安心できる借入額を算出するためにライフプランを踏まえての検討をお勧めします。

BACK TO INDEX