INTERVIEW
お客様インタビュー

自由なライフスタイルを変えたくない。そんな私たちが家を買うことを決めた。

平井 様

趣味はサーフィンとアウトドア。
これだけは絶対譲れない。


(良江さん)
夫の趣味はサーフィン。毎週千葉の海に行っていたほど、海が大好きです。私たちの共通の趣味は、アウトドアと旅。そのため、とにかく物が多いんです。収納と運搬のこともあり、以前から一軒家にあこがれていました。

(真先さん)
あこがれはあるものの、家を買うことで自分たちのライフスタイルが変わるのはいやだった。サーフィンやアウトドアができないくらいなら、ずっと賃貸暮らしでもいいと思っていました。

(良江さん)
物件探しをしていたところ、東宝ハウスと出会いました。紹介してもらった中に「これだ!」と思う物件が。歴史のある上水沿いで、緑も豊か。その環境の素晴らしさに一目惚れしました。

VIEW MORE

専属のFPが登場!
モヤモヤした不安が解消された。


(良江さん)
購入を決めたものの、不安だらけ。特にお金のことですね。物件の価格は分かりますが、それに付随するお金がどれくらい必要なのか。家の維持費、固定資産税など。頭の中にモヤモヤとした不安があって、自分たちではどうすることもできない状態でした。

(真先さん)
当初、営業の日和山さんから「専属のファイナンシャルプランナーがサポートします」と教えてもらって、それで東宝ハウスにお世話になろうと決めました。自分たちで調べるよりも、プロのアドバイスを聞いた方が絶対いいと思ったので。購入後、火災保険の加入の際に、専属FPの渡邉さんとお会いしました。

(良江さん)
元プロボクサーと聞いていたので、とても興味がありました。お会いしたところ、お若いのに、FPさんとしてもとても優秀で「この人なら大丈夫!」と思いました。ファイナンシャルメンテナンスを使ったのは、購入して半年後。ライフプランのシミュレーションを作成してもらいました。

(渡邉さん)
住宅を購入する際、普段とはちがう大きなお金が出ることになるので、だれもが不安を感じます。ライフプランのシミュレーショングラフを作って、お金の流れを可視化すると、中長期の動きが把握できます。貯め時、我慢する時、それぞれを明確にして、「今は貯める時期です。家計からこれぐらい貯蓄に回しましょう」とアドバイスしました。

(真先さん)
貯蓄型の生命保険に加入しました。ほとんど預金と同じ感覚ですが、まとまったお金が必要な時に満期になるように設計されています。これなら安心!と納得しました。

(良江さん)
グラフや数字によって、はじめていろいろなことが分かってきました。頭の中でモヤモヤしていた不安も解消。将来のリスクを明確にして、それに備えれば安心できます。

VIEW MORE

いつでもプロに相談できる
ファイナンシャルメンテナンス。

(良江さん)
先日も渡邉さんに相談しました。両方の親に旅行をプレゼントして、車を買い替えたら一気に貯金が減ってしまって不安に。日々のやりくりもキツイので、保険を見直そうかなと思って、ファイナンシャルメンテナンスをお願いしたのです。

(渡邉さん)
最初にお会いした時と、家計の内容は変わっていません。ただ、大きなお金が立て続けに出ていくと怖くなりますよね。でも、この1年ががんばり時。「これを超えたら少し余裕が出てきますよ」と説明しました。

(真先さん)
それを聞いて安心しました。具体的な期限が分かれば頑張れます。貯蓄型保険の活用や繰り上げ返済のタイミングなど、プロのアドバイスはやはり違いますね。私たちとずっと併走してくれるお金のプロがいるって心強いです。

VIEW MORE

家を買って変わったこと
そして、変らないこと


(渡邉さん)
私はお客様にアドバイスする時は、そのご家族のライフスタイルやこだわり、気持ちの面を大切にしています。それを守るために、お金の面で工夫をする。提案したプランに率直なご意見をいただき、協力しながらよりよいライフプランを練り上げていきます。

(良江さん)
以前は「家は欲しいけど、そのせいでやりたいことができなくなるのはつまらない」と思っていました。でも、実際に購入してみると、月々の返済は、家賃を払うのと金額的には変わらない。「ローンが35年も続くんだ」と不安になることもありません。「なんとかなる!」と思えるようになりました。

(真先さん)
家を購入した後も、全くライフスタイルは変わっていませんね。休日はサーフィンやアウトドア三昧です。趣味を楽しむ自由は絶対に失いたくなかった。むしろ自由を守るために、しっかりした人生設計と本拠地としての家が必要だと思えるようになりました。


(良江さん)
私たちは家を購入したことをきっかけに、人生設計を立てることができました。漠然としたあこがれや不安を抱えていても、いつまでもモヤモヤしたまま。プロに相談して、一歩でも前に進むことをおすすめします。

VIEW MORE

BACK TO INDEX